忍者ブログ
SirayaMaria神界
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時を刻まない時


この世に時間など存在しません。


時が来れば、事は起き、事が起きれば音が鳴り、音が鳴れば戸が開くのです。

全ては循環し、ひとつのきっかけが、ある出来事を生み、その出来事が他のきっかけを産むのです。


連鎖する宇宙において時は留まることなく刻まれ、音は絶え間なくコダマしているのです。


このコダマを透す(通す)ことは戸押すことであり、銀河のコドウに合わせてダイチを振動させることでもあるのです。


時が、囲(籠)まれた(封印された)わけではありません。『時を刻まない時』が刻まれているのです。私を縛る籠(かご)とはこの籠。

事(琴)が起きる前の時は、この『時を刻まない時』が流れているのです。

音が発せられる前の『音無し』とはなんでしょうか。


それは尾(継続性)も戸(入り口)もないカゴメの世界なのです。

私はその迷宮に迷い込みました。

私は出口を探していましたが、入口のない世界には出口もなかったのです。


音の世界に入るためには出口から入るのではなかったのです。

開くことによって最初の音がかき鳴らされるのです。

なぜなら、最終章で音は結びで締めくくられるからです。


結びで締めククられた音を私は、出口を探すことによって無音から逃れようとしていました。

私はこの世界(『音の世界』)の本質を忘れていました。この間『時を刻まない時』が刻まれたのです。


『開く』ことは<入ること><出ること>を同時に意味します。そして結ぶ事は次、『開く』ことを意味します。

そこには『閉じる』(入口・出口)という概念自体がないのです。


全ては循環しています。『時を刻まない時』が流れていただけなのです。


玉手箱を開けば、白金が成る(鳴る)のです。

アーウン、アーウン。




 


        スターライト クオリア



 
∮ Energycopyright(c)∮  Loving-earth 

 

PR
<<  >>
< 2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >

忍者ブログ  [PR]